Sasa

<< 地球を飲む! | main | ツルツルとスレスレ >>
本当にあった怖い話 4
0

    東京で、一人暮らしをしていた時の話です。
    初めて入ったアパートは、6畳に小さな台所とトイレが着いていて
    2階立ての4世帯という小さなアパートでした。
    1階に女性と男性がそれぞれ一人づつ入居していて、
    2階には、私と大家のばあさんが入っていた。
    この大家のばあさんというのが、月の内に2〜3日しか居らず、
    家賃を集金すると、いつもすぐに居なくなる。
    下の階は、いつも真っ暗で、物音一つせず、
    居るはずの男性は、私がここに住んでいる間、
    一回もお目にかかったことがなかった。
    大屋のばあさんに、「おばさんの下、空き家ですか?」と聞くと
    決まって「いいえ、いますよ。」と言うのだった。
    下の階の女性(おばさん・・・前髪が長く、まともに顔を見たことが無かった)には、
    めったにではあるが、朝、顔を合わすことがあり
    「お早うございます。」と言うと、いつもうつむいたまま軽く会釈をして通り過ぎる。
    静かといえば、静か過ぎる環境ではあった・・・。

    ある日、同郷の友人と久しぶりに会い、
    アパートの近くの飲み屋で痛飲したあげく、まだ飲み足りないので、
    コンビ二(東京では30年以上も前からセブン・イレブンがあった)で
    酒を買い、私の部屋で飲み直すことにした。
    帰ってくると、いつもの通り真っ暗なアパートの階段を、落ちないように昇り
    部屋に入って灯りを点けると、二人でさっそく二次会を始めた。

    話はつきず、盛り上がりだしたその時・・・・
    急に、我々が座っている場所の、直下から、突然!
    “ドドドド・ド〜ン”と突き動かされるような大きな衝撃が走ったのだ!。
    びっくりして、二人息を潜めていると、
    静かなままで何事も起こらない・・。今のは何だったんだろうか?・・と
    不思議に思いながらも、酔っているので、
    又、話の続きを始めたら、又又、“ドドドド・ド〜ン”と
    突き動かされるような大きな衝撃が・・・
    さすがに気味が悪くなり、立ち上がり、
    じっとしているが何事もない。
    今のはポルターガイストだろうか?
    又、話を始めると、正確にその場所を“ドドドド・ド〜ン”。

    ようやく、事、此処にいたって状況が飲み込め始めた。
    下の階に住み着いている、あの「おば・・おば・・、おばけ」ではなく、おばさんが
    箒(ほうき)の枝で、「やかましい!」と無言で天井を突っついているのだ!

    それにしても、その正確さたるや、超常現象の域に達していた。
    我々がいくら静かにズッても、瞬間移動しても、二手に分かれようとも、
    ユリ・ゲラーのごとく正確無比にその場所を突いてくる。
    殺虫剤を吹き付けられた、ゴキブリか、カフカの虫のように
    我々は追い詰められ、「こわいよ〜!おそろしいよ〜!」と
    言いながらも眠りこけ、やがて朝を迎えることとなった。

    翌朝、昨晩の恐怖と二日酔いで頭がボーとしたまま、
    二人、出勤のため階段を降りて行くと、
    あの、おばさんが・・・・
    私が「あっ!お早うございます。昨日は・・・」と言うと、
    おばさんは、何事も無かったかのごとく
    いつものように、うつむいたまま会釈をして通り過ぎて行った。
    ヒュ〜ル〜♪〜〜

    以後、友人達が私の部屋に立ち寄ることは無くなった・・・。
    箒(ほうき)おばけ・・・(おばさん、だ〜っちゅうの!)が出るという
    悪い噂が流れたためである。

    注:写真はイメージです。
    こんな感じでしたが、上下4世帯分しかありませんでした。

    | 本当にあった怖い話 | 10:13 | comments(12) | trackbacks(0) |
    コメント
    昨日 娘の中学校の文化祭でした
    カレーパン・揚げ餡サンド・ジュース・お茶・コーヒー
    娘の同級生で私も知っている生徒10名が一生懸命働いてくれました
    最近の子は何もできないって聞いていたけど あたりが良かったのか準備・袋詰め・調理・売り子と ヘタな大人より手際がよかったですよ
    事前に作ってくれた看板もなかなかでした
    フルーツポンチを作らせて売ったのですが 子どもたちは聞いたことも見たことも 当然食べたこともないんでしょうね
    商品名は「『まぼろし』のフルーツポンチ」となっていた
    …『なつかし』ではなかったところが 世代差を感じてしまった

    今夜は ウワバミや小豆洗い・ネズミ男にカワウソ…色んな妖怪たちが集まって 打ち上げだぁ…夜ぅ〜は酒場で大宴会…

      今さら遅いけど…
      南極の氷 もう一回来ないかなあ…
      今なら十分に味わえるンだが…
    | sinoma | 2008/10/20 8:38 AM |
    (゚-゚)…
    うちも マンションだし 気をつけよう〜
    f^_^;
    | LEE | 2008/10/21 11:59 AM |
    この間 aokaiさんに 会いました
    (^O^)/
    何となく くたびれた?やつれた? かな?
    と 思いつつ… ボラ話しに 花がさく…
    (^^)\(゜゜)
    aokaiさんは コメントしたいらしいが 時間が無いらしい…
    f^_^;
    sasaさん 今度のブログネタは 癒し系で行きましょ(^O^)/
    | LEE | 2008/10/24 8:19 PM |
    この間LEEちゃんが慰問に来てくれました。
     いいもんだぁ〜 って、早々しゃれ神戸ぇぇぇ〜♪。

     すんまそん。日曜でも仕事で帰って、飲まずに〜いられなぃぃぃ〜♪。てぇな訳で、こっちも怖いお話をひとつ。

     それは、夜中、おしっこで目が覚めて二階から一階の便所へ階段から降りている時のことでした。

     その家は今から20年も前、鱗町交差点付近の今のなんやら社会福祉法人の左にある駐輪場にあった二階建ての長屋の一番端の借家なのでありました。

     で、階段中ほどまで来て、じっとあたしを下から見つめている黄色いふたつの眼(まなこ)に気がつきました。

     その階段の下は穀物入れとして、段ボールにジャガイモや玉ねぎを入れるスペースとして活用していました。

     手を段ボールの上に乗せ、立ったまま、頭だけあたしを向いているのです。

     「えっ!!何!!」そう思ったとたん、それは黒い塊となってさささっ〜と奥の畳の部屋に消えてしまいしました。

     それから1年もたったでしょうか。。。長屋の解体に伴い引越しすることになりました。「立つ鳥後を濁さず」の通り、隅まできれいに掃除して、引越しするこになりました。

     そして、見てしまいました。床の間奥から、重なるようなたくさんの鼠の死骸が出てきたのです。

     私達家族は、あの方たちと暮らしを共にしていたのですねぇ〜。

     おぉぉこわいは、おこわのご飯か、赤飯かぁぁぁ!!

     じやん!じゃん!
    | aokai | 2008/10/26 7:33 PM |
    もうひとつこわぃぃぃ〜お話。

    フランスで金沢とのフレンドリーな関係をつくろうと、
    一生懸命にがんばっておられるお方が、「2年後には
    金沢にフランスのお方が来られるように」と、暖かい
    エールを。嬉しいなぁ。。。是非実現するようにとの
    気持ち一杯っす!!

    で、六年後、金沢に新幹線が来るそうなので、今から
    しっかり準備をしましょうと、同じ方が頑張っていら
    っしゃいます。 そうだす。みんなで準備に心がけま
    しょう!!

    って、ここからは算数の問題です。
    先の怖い話は「4−2=2」

    後の怖い話は「2+4=6」

    ということは・・・
    怖いですねぇ〜〜

    わかった方は、よけいなこと書かずに
    「超怖い話ですねぇ〜」とだけ、コメント
    くだされば、はい。そうなんですねぇぇ。

    | aokai | 2008/11/01 6:25 PM |
    ホントに『超怖い話』ですねぇ〜
    他に誰かいないのか?!

    うちの父は先日77才になりました
    シルバーからのお仕事をツマツマとこなしながら
    (いまは金沢大学病院敷地で発掘作業のアルバイトです)
    孫の世話をしたり 山遊びをしたり
    なかなかいい老後を送ってるんじゃないかな…

    わかった人は
    「ホントに超怖い話ですねぇ〜」
    とコメントください
    | sinoma | 2008/11/02 12:07 PM |
    「ホントに超怖い話ですねぇ〜」
    でも、誰も振り回さず。迷惑もかけず。

    あちらの怖い話とちがって
    「ホントに超かわゆい話ですぅ〜」
    | aokai | 2008/11/02 7:10 PM |
    よくわからん
    (-_-)…
    今度 水曜日に 教えてください
    (*_*)
    | LEE | 2008/11/02 8:12 PM |
    今年77才になられる金沢を愛する偉い方のことです
    …この怖い話はこれまでにしましょう
    | sinoma | 2008/11/03 10:35 AM |
    ぜぇ〜ん、じぇーん分かりません。
    何なんだ!この会話は?
    管理人が、うかうかと油断している間に
    妙な間合いと、謎を含んだ会話が延々と
    成立していたなんて、知らなかった!
    怖ぁ〜・・・。
    | Sasa | 2008/11/04 6:19 PM |
    ヤフーのトピックスに「バナナダイエット1ヶ月で終焉」
    という記事が掲載されていた
    …Sasaさん
     なかなかの慧眼です
    | sinoma | 2008/11/05 8:26 AM |
    バナナダイエット…
    f^_^;
    何なんだ?
    怖っ((゚Д゚ll))
    | LEE | 2008/11/06 8:11 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sasa.kosodateo.com/trackback/930908
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE