Sasa

<< 夏が終った! | main | ラブのしっぽ >>
日本昔ばなし「根ほり葉ほりおばさん」
0

    与作(よさく)は〜木〜を切る〜。ヘイヘイホー、ヘイヘイホー〜♪。

    むかし、むかしあるところに、与作という名前の木こりがおりました。
    はたらき者の与作は、今日も、焚き木(たきぎ)をかついで帰ってくる。
    女房(にょうぼう)は、それで火をたき、割りばしを作るのでした。

    ひと月に一度、与作は女房がこさえた割りばしを、町に売り歩く。

    「あんた〜!がんばってね。帰りにおもちを買ってきてくださいね!」 
    (市原悦子さんの声で)女房が言う。
    「おもちか〜、オラ〜、ぼたもちが食いてぇ〜だぁ」 
    (常田富士男さんの声で、ゆったりと)与作はつぶやきながら、山を下りて行った。

    町で与作は、いつものとおり売り歩いたが、今日はなぜか、一本も売れなかった。
    それどころか、割りばしを見ると、みんな「こわい!こわい!」と逃げて行くのだ。

    やがて、学問所(がくもんしょ)と書かれた新しいおやしきの前に来ると、
    中から、コロコロと赤いひげの医者が一人ころがり出て来て、
    「根(ね)ほられた〜!」と叫びながら、走って逃げて行った。

    与作がおどろいていると、又
    中から、コロコロと正直そうな役人が一人ころがり出て来て、
    「葉(は)ほられた〜!」と泣きながら、スゴスゴと歩いて行った。

    与作は、おそるおそる、そうっとおやしきの中を、のぞいて見ると、
    そこには、ハッピを着て、一升瓶(いっしょうびん)をかかえた
    おばさんがニコニコと立っていた。
    「ほ〜っと」した与作に、
    「何かご用?」とおばさんが言うので、
    「オラ〜、割りばしを売りに来ただ。買うてください。」
    与作がそう言った、とたんに、
    みるみるうちに、おばさんの頭から角(つの)が、生え出し
    「そんなんだから、あんたは、NあんてPうあなOまえたちなのよ!!」と
    烈火(れっか)のごとく叱りつけられ、いつのまにかコロコロと道端(みちばた)に
    ころがり出されていたのだった。

    どうやら、割りばしは、環境破壊(かんきょうはかい)だ
    Myはし(まいはし)をつかえと叱られたみたいだが、
    昔ばなしの中で暮らす与作には、ちんぷんかんぷんだった。
    与作は「おっかない!おっかない!」と、ふるえながら、
    女房の待つ、お山にトボトボと帰って行ったとさ。

    お空で、カラスが「あほー、あほー」と鳴きながら、飛んで行ったその頃、

    おばさんは、「誰ものぞかないで」と言って、障子(しょうじ)を閉めて
    大きなツヅラを開けると、中から小さなツヅラを取り出し、
    小さなツヅラを開けると、今度は玉て箱を取り出し、
    その玉て箱を開けると、中から重箱(じゅうばこ)を取り出して、
    自分のおはしで、いつまでも、隅(すみ)をつっついていたのであったそうな・・・。

    トントントンー、トントントンー〜♪。(与作のメロディ)
    機(はた)をおる音ではなく、重箱をつっつく音です。

    お断り
    「根ほり葉ほりおばさん」はAokai氏が考案した、あくまでも想像上の生き物です。
    地球上には、こんな生物は実在いたしません。

    | ドラマ | 18:01 | comments(3) | trackbacks(0) |
    コメント
    すごいぃぃぃ〜!素晴らしい!
     なによりも「昔ばなしの中で暮らす与作には、ちんぷんかんぷんだった」という客観的な視点の中に、「愛」がありますぅぅぅぅ〜!
     これ、全国の被害者に読ませたいぃぃぃぃ〜!いいですかぁ?もちろんマイナーネットワークですが・・・・。
     細やかな気配りの中にかくされた、自らを「お空で、カラスが「あほー、あほー」と鳴きながら、飛んで行った」という、謙虚な位置づけの中に、根無し草、庶民、暮らし人の悲哀がにじみ出ていて、涙まであふふる共感の作品です。
     あらためてSasaさんの、バランス感覚の素敵さに惚れてしまいました。
     ありがとう、ごじゃりましたぁぁぁ〜。
    | aokai | 2008/09/13 9:47 PM |
    aokaiさん!
    これ、お褒めが過ぎます。
    根無し草(デラシネ)まで、内容が踏み込んでいません。
    Sasaはただ、例の大河ドラマで演ると、
    あまりに内容が、生々しくて、
    差し障りが多いので、(実際にこの5倍量のドラマを書き上げた。)
    舞台を、昔話しに変更して、収集を計りました。
    昔話しで好きだった。「鶴の恩返し」「舌きり雀」
    「浦島」は、最期に、散りばめておきました。
    | Sasa | 2008/09/14 1:57 AM |
    ツッコミのコメントを入れたいけど 根掘り葉掘りおばさんが 本当に出てきそうで怖い…
    ((゚Д゚ll))
    | LEE | 2008/09/24 7:33 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sasa.kosodateo.com/trackback/885621
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE