Sasa

<< 大河ドラマ「土用の丑」 | main | 夏が終った! >>
大河ドラマ「外伝」
0

    前回のブログに頂いたコメントの続きを、本文にしてみました。
    内輪の人間にしか、分かりません。相スミマセン。

    ある晩のこと、赤ヒゲ先生(配役:aokai)が、代官屋敷に呼ばれ、夜道を急いでいた。
    やがて、労貧(Working Poor)長屋に差し掛かったところ、
    町娘(配役:LEE)が一人、道端にしゃがみ込んでいた。
    「どうしたのだ?」と赤ヒゲ先生。
    町娘が「はい、持病の癪(しゃく)が・・・、痛っつっつっ〜。」
    「それは、いかん、どれ・・・、ウ〜ム、
    わしの診立てでは、肝臓がひどく肥大して腫上がっているようだ。」
    「ともあれ、すぐそこに、わしの知り合いの住まいがある。ひとまずそこへ。」

    ここは労貧長屋のお父っつあんの家。そこにドンドンドン!と戸をたたく音がする。
    「わしだ!」と赤ヒゲ先生が、町娘を抱えて、(いえ、引きずってです。)入ってくる。
    お父っつあん(配役:Sasa)が「ゴホン、ゴホン、先生どうしました?、娘は今、仕事
    (神戸ポートアイランドのバーミヤンでバイト)でおりませんが、ゴホン、ゴホン。」
    お父っつあんが続ける。「ゴホン、ゴホン、お薬代は、もう少し・・・その・・・。」
    「勘違いするな!通りすがりに、この娘が苦しんでおったのだ!ここを借りるぞ。」
    先生は町娘を横たえ、「金沢市子ども会」と書かれた提灯
    (どうやら先月、隠匿したらしい)を置くと、
    ガサゴソと往診箱の中から取り出した液体を、茶碗に注ぎ始めた。
    そして「良薬は口に苦し、されど百薬の長。」と意味不明なことを言いながら、
    この町娘に飲ませたのであった。効果はてき面で、
    たちどころに「あら、おいしい!けろっと直ったみたい。」と町娘、
    「そうだろう、秋田から送らせた純米大吟醸酒だ。これに優る薬はない!!」
    「ゴホン、ゴホン先生、私にもお薬をひとつ・・・」と、よだれを垂らしながら、
    横でお父っつあんが、お茶碗を前に「待て」をしている。
    赤ヒゲ先生が、お父っつあんの茶碗にも注ぎ、暫くして「よし!」と言うと、
    お父っつあんは尻尾を振り振り、すぐさま、ゴクゴクと飲み干した。
    たちどころに「うん、うまい!こっちも、けろっと直ったみたいだ。」と言う。
    これに味を占め「もう一杯、もう一杯!」と町娘とお父っつあんが、意地汚くねだり始めたので、
    心優しい赤ヒゲ先生は、「しかたがない、わしも付き合うか。」と皆で車座になった。

    そこへ、突然、ガラリと戸が開き、「拙者、加賀藩・駅西詰所のものだが、
    この度、土木工事の都合で、この長屋を取り壊すことにあいなった。
    ついては、立ち退きの説明にまいったのだが・・・」
    と一人の役人(配役:Sinoma)がすまなそうに入ってきた。
    「おっ!お主は・・・」と赤ヒゲ先生。「これは、これは、赤ヒゲ先生。」二人は顔見知りらしい。
    「どうだ、昇進試験の方は?」と先生が尋ねる。
    「それが、採用・昇進には、多額の「全国共通商品券」が必要らしく、今回も・・・」
    「そうか、まあ、くよくよするな、これは、気付け薬だ。」と役人にも勧めた。
    素直な役人は、言われるままに、一口舐めると、
    仕事で来たことも忘れ、お父っつあんの家で、かってに寝る場所を作り出し、
    横になると、グ〜グ〜と寝てしまった。
    赤ヒゲ先生があっけに取られていると、今度はお父っつあんが、
    床下から何か大切そうに壷を取り出し、皆に振舞い始めた。
    一口、口に含むと「これは、自家製の密造酒ではないか!」と赤ヒゲ先生。
    お父っつあんは、ニコニコと頷き、自分も手酌でやり始めた。
    手に持った壷に貼られた紙片には、「ココロ・・・の旅」と銘が打ってあった。

    所変わって、ここは、「黒田腹蔵(くろだ・ふくぞう)邸」と掲げられた代官の屋敷。
    (やっと代官にも名前を付けました。)
    「グシュン、グシュン、遅い、遅いではないか!赤ヒゲはまだ来ぬのか!グシュン!」
    代官はこのところ、巷での黒い噂話による、悪質なクシャミに取り付かれ、
    赤ヒゲ先生の往診を待っていたのだ。
    その時、バタバタと家来が「お奉行様、夕刻より、加賀藩から出向中の役人が一人、
    御用に出たまま、いつまでも帰って来ませんが。」と告げに来た。
    それを聞き、あきれ激怒した代官は「どいつも、こいつも、勝手なことを、グシュン。」
    「もう待てぬ!あやつらに権力の何たるかを思い知らせてくれるわ!グシュン、グシュン。」
    と家来に向って当り散らし始めた。

    その頃、長屋では、百薬の長にて蘇生した町娘が、酒を体で浴び、
    お父っつあんは煙管(キセル)でハイライトを吹かし、
    赤ヒゲ先生は代官の呼び出しをすっかり忘れ、
    役人はグ〜グ〜と寝入ったままに、
    「からくり鉄人28号」がどうとか、
    「ボラは、本ボラがうまい。」とか「ズボラも捨てがたい。」とか
    ろくでもない話を延々と繰りひろげていたのであった。 続く・・・

    To be continued!予告はコメント欄に・・・・・・・

    | ドラマ | 18:57 | comments(11) | trackbacks(0) |
    コメント
    予告編

    代官が怒り、町娘とお父っつあんと赤ヒゲ先生が盛り上がっている頃、
    閑散とした居酒屋「風子」では、「そろそろ、時間かな」と
    女将(配役:kazeko)が立ち上がった。
    居酒屋の女将は、仮の姿で、実は必殺仕事人だったのだ。
    そこへ、チャリンチャリンと音がなり、扉が開くと、
    副仕事人(配役:chika)と代行仕事人(配役:gamera)が、入ってきて、
    「団長(サーカスのではありません)、市(町娘の名前)がまだ来ません。」
    と告げた。「狼煙(携帯)を何度上げても、来ないのです。」と訴えた。
    団長(消防団でもない、念のため)は、少し考え、おもむろに言った。
    「あたしさ〜あ、今思ったンだけどぉ、あの三人で宴会でもしてるんじゃな〜い。」
    実は、赤ヒゲ先生以外は、隠密仕事人の仲間だったのだ。
    あまりに的確で、図星の論理に、副仕事人と代行仕事人は、ただ納得するしかなかった。
    「あの二人はともかく、市が来ないんじゃ、
    今日の必殺仕事は延期ということで、いいかっな?
    せっかくだから三人で飲もっか!」これにも、二人ただ頷くしかなかった。

    宴もたけなわとなり、酒を浴びるだけでは、物足りなく、浸かり始めた町娘を横に、
    赤ヒゲ先生は、「風流だな、虫の音が聞こえる。」と言った。
    確かに、どこからか、きっちゃない声の虫の音が流れていた。
    お父っつあんは、「これは、もしや。」と側で寝ている役人の顔を見た。
    それは、お父っつあんが、駄菓子屋(配役:MilleFeuille)と始めた民謡楽団に、
    半ば強制的に入れられ、断るに断れず、練習を迫られために、
    素直な役人は、夢の中まで、練習をしていて、うなされていたのであった。 完。

    予告のつもりが、完結してしまった。
    無断で出演して頂いた皆様、無礼の断、平にご容赦を・・・。m(_ _:)m。
    | Sasa | 2008/07/24 7:05 PM |
    この内容マジに身内しか解んないじゃんf^_^;
    LEEは大ウケしました
    ( ̄▽ ̄;)
    この内容を知りたい方は 7月29日の交流会に 参加してください ですね
    (^_-)-☆
    | LEE | 2008/07/25 12:44 PM |
    いやぁ〜おみごとおみごと!!
     オールスターキャストの登場に、久しぶりにアンダーグラウンド文学の骨頂に笑わせてもらいましたぁ〜。
     もう、腰が抜けて最高っす!
     観察力といい、表現力といい、それなりにみな、一物の個性があって、それらが架空であれ、ストーリーとしてつながっていることの文学力に、新ネタ期待でありますぅぅぅぅ。

     今度、新キャラとして、お江戸から来た「根ほり葉ほりおばさん」っての登場させてくだい!!

     例/お江戸から金沢藩にやってきた「根ほり葉ほりおばさん」は貧しい長屋に住んでいる「えぬぴーおー」の住人達に「そんなんだからNあんてPうあなOまえたちなのよ!!」と、烈火のごとく叱りつけたのでした。おびえるみんなを代表して、長屋のおとっちぁんは「ゴホゴホ・・ちょっと待っておくれ。。。

     続きが楽しみなだなぁ〜〜。
    | aokai | 2008/07/26 9:09 PM |
    仲間に入れていただいて光栄です
    地元説明の状況も、見たこと無いはずなのに的確な読みです
    続編楽しみです

    …根ほり葉ほりおばさん登場させちゃったら話が収まるんだろうか?…怖い恐い!
    sinomaは寝たふりするか、それとも隠れるか…登場場面はなさそう(T_T)
    | sinoma | 2008/07/27 12:21 PM |
    Aokaiさんへ、
    これだけ、扇がれると、つい調子に乗ってしまいます。
    次回作は、「根ほり葉ほりおばさん」に決定です。
    Sinomaさんへ、
    これだけ、断言されると、つい出て欲しくなります。
    次回作にも、出演が決定しております。

    ようやく、予告編が書けました。乞うご期待!
    | Sasa | 2008/07/28 5:20 PM |
    今、会議が終わって戻りました。
     今夜は参加できずに、ゴメンナサイ。。。
     大事な時に、力になれず、すまんましょん。。。。

    絶対に架空の登場人物である「根ほり葉ほりおばさん」と、原住民との、時空を超えたたたかいに期待するでちゅゅゅゅゅゅ〜!!

     待ってますぅぅぅ〜!!
    | aokai | 2008/07/29 9:58 PM |
    町娘 お市は 今日は 必殺テキヤ人 しました
    (^O^)/
    わいわいバザールで じんべえ着てねじり八巻がよく似合った 輪投げのねーちゃんです
    f^_^;
    あまりにも 似合い過ぎて こども達から 絶賛されました
    (〃д〃)ちょっとうれしかったです
    | LEE | 2008/08/18 1:03 AM |
    おお〜い(゚o゚)/sasaさん 次はまだ〜?
    (^O^)
    根掘り葉掘りおばさんは あんまりにも 話しを掘りすぎて 作れなかったってことで…
    \(^^:;)
    次 いってみよう
    (ノ゚O゚)ノ−☆
    | LEE | 2008/09/03 7:47 AM |
    赤ひげおじさん長すぎて、いささかぁぁぁぁ〜。
    「根掘り葉掘りおばさん」はもう、影響力がないみたいなので(あっちゃ〜すんませんんんんん!)リセットしましょうょ〜!!
     遠い未来に〜明日を探して〜♪♪
     
     そんな、根無し草たちの旅を、始めましょうよぉぉぉ〜!!
    「あなたが変われば、社会が変わる!}

    そんな小さな小さな観察日記。
     期待してますよ!!

    | aokai | 2008/09/06 8:43 PM |
    そろそろ更新しましょうよー
    (^^;)
    忙しいのは 分かりますが・・
    何ならaokaiさんと 次回のブログネタ 考えますよー
    (^〜^)
    | LEE | 2008/09/11 2:04 PM |
    不倫という禁断の愛に人妻はハマってしまう
    | 出会い | 2009/04/02 3:32 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sasa.kosodateo.com/trackback/813177
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE