Sasa

<< 都市伝説 フォーク・モグラ | main | 注射 >>
河は呼んでいる
0

    渓流釣りが解禁になってしばらくたったけど、なかなか行けないでいます。
    サンデーアングラーとしては、土日に行事が入ると行けない。
    強風、大荒れだと行けない。休み前に飲み会があるとやはり行けない。(なぜ?)
    でも、昨年は山に4回行った。イワナを1〜2匹釣って、山歩きをして
    満足して帰って来る。それがリフレッシュで、とても幸せなのです。

    昨年の4回目は、禁漁期直前で時間が無かったので、久しぶりに夕方に行った。
    山での夕方の釣りは、うかうかしているとすぐに暗くなり、
    のんびりもできないので、あまり好きじゃないのです。
    それで、焦って仕掛けを扱い、これまた久しぶりに針が手に刺さってしまった。
    アユ釣り以外の釣り針は、「かえし」があり、一度刺さると、抜くことができない。
    逆に、痛いけどぎゅうっと押し込んで、適当な所に針先を貫通させ出して
    「かえし」の根元をニッパーで切断すれば、すっと抜けます。(何度かやった。)
    これを知らないヤブ医者等に掛かると、メスで切開され、又、針で縫われることになる。
    そして傷がふさがるまで、何日もかかるのです。
    今回も自分で貫通させたが、針が小さいこともあり、
    ぎゅうっと押したままの状態でなければ針先が充分に出ない。
    手を離し、切ろうと思うと「かえし」の根元が良く見えない。つまり手が3本必要だった。
    しかたがないので、右手に針と糸を刺したまま、しばらく釣りを続行し、
    刺したまま、車の運転をして家に帰った。

    家に着き、家族(奥さんと子ども)に針先を押して出すから、切ってくれと頼んだが、
    「きも〜い、こわ〜い、見せないで〜。」と、こんな簡単な頼みを誰もきいてくれない。
    家の奥さんにいたっては、やりたくな〜い一心で
    「金属片が残ると良くないから医者に行け。」ともっともらしいことを言う。
    てなわけで、刺したまま、又、車を運転し、県立中央病院に向った。
    もうすぐ着くという場所で、あいつ(奥さん)から携帯に電話があり、
    「急患が入ったので、今からだと2時間待ちだそうよ」と言う。
    「済生会あたりが暇そうじゃないかな。」と占いのようなことを言う。
    Uターンして、済生会に向う途中で、N病院の灯りを見つけたのでそちらに入った。

    夜間受付(救急外来)に入り、「どうされました?」と聞かれたので
    「こうなりました。」と手を見せると、しげしげ眺めて、「問診表を書いてお待ち下さい。」
    針の刺さった右手で書いて15分程待っていると、背後からパタパタとスリッパの音、
    振り向くと、大あくびをしながらお医者さんが来て、「どうされました?」
    「こうなりました。」と又、手を見せると、しげしげ眺めて、「うまく、刺さりましたね。」と褒めた。
    「・・では無くて、自分で貫通させたので、針先を切って。」と、しごく簡単な頼みをすると、
    「海ですか?山ですか?」と聞く。(早く切れよ!)
    「山です。」と答えると「どこの河?」(早く切れ!)
    「河内村です。」と言うと「フーン、痛いの?」と聞く(早く!)
    「全然痛くないですよ。」
    ようやく、診察室に入れてもらったので、「この部分を切って下さい。」と言うと
    「まあ、待ちなさい」(おいおい!)
    医療用の器具を出しはじめ、刺さった手を消毒し
    「河内村のどの辺?」(おい!)
    「支流です。」「フーン。」
    「それで釣れた?」(お〜い!)
    「1匹釣って、暗くなったので帰ってきました。」
    「フーン。」パッチと先端切る音。スルっと針が抜け
    「中に金属片とか残ってないよね?」と医者が僕に聞く。(患者に聞くな!)
    早く帰りたいので「残ってません。大丈夫です。」
    「じゃあ、これで終り。」

    この騒動と共に昨年は納竿となった。
    傷口は、私の正しい指導と、名医の処置で一日も経たずに消えてしまった。
    懲りたかって?いえいえ
    それでも、「河は呼んでいる」のですから。

    | 料理・釣り | 18:37 | comments(4) | trackbacks(0) |
    コメント
     釣る方も、釣られる方も痛いんですねぇ〜。
     それにしても背景に流れる奥様の存在に味がにじみ出ていて、なんともお二人の馴れ初めが気になるところであります。

     お魚釣りは一人の世界でも、そうはいかない、ままならい世界もあって、心底お付き合いいただいたsasaさんのフトコロの大きさに敬服であります。

     「なんのこと?」とお思いの方は、5月28日水曜午後6時からの「NHK金沢」の中に挿入されている番組をご覧ください。

     世の中の要求に対して立ち向かう一市民の姿を、一緒に盛り上げていただいたsasaさんに、拍手!!!

     過去の亡霊にとらわれず、「痛い!」と感じた今を大切にしているsasaさんの記憶に、もう一杯おかわり〜!のキッチンドリンカーですたぁぁぁ!!

     
    | aokai | 2008/05/23 8:34 PM |
    先ほどいただいた オードブルをつまみに一杯・・・
    ご馳走様でした
    (^^)
    また 痩せるタイミングが・・・
    f(^^;)
    | LEE | 2008/05/25 8:22 PM |
    この話って 去年の岩魚の骨酒の話ですよね
    (^^;)
    あの時もおいしい酒飲んだよね
    ( ^^)Y☆Y(^^ )(^^)Y☆
    お暇な方は このブログの履歴をさかのぼってください
    (〜〜)
    いくつ前だったかなぁ
    | LEE | 2008/05/25 8:41 PM |
     岩魚の骨酒ですかぁ〜!

     いいですねぇ(*^_^*)

     あたしは、「ばあや」が魚の骨を全部取った身だけを食べて育ったので、今だにお魚を上手に食べれないのでありますが、この「骨酒」だけは、上手に飲めます〜!(^^)!

     特に「回し飲み」はドキドキであります。

     もう一回まわって欲しい方が隣にいた日にゃ〜〜!

     LEEさん!今年のsasaさんの収穫を期待しましょうよぉぉぉ〜!

     てぇな訳で、今夜のつまみは、昨日の「肉じゃが」の残りと、「鴨肉くんせい」を切って、「焼きなす」でもしようかなぁ〜。の、キッチンドリンカーですた!!
    | aokai | 2008/05/26 8:34 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sasa.kosodateo.com/trackback/735374
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE