Sasa

<< 声の主(ぬし) | main | ゲハラあらはる! >>
都市伝説 水害の記憶
0

    昨年は、金沢市の浅野川が氾濫して大きな水害が発生しました。
    最近ではこの時期、毎年のように、市役所の広報車が走り回り、
    避難勧告等が出されるようにもなりました。
    先日も、大雨が降っていたので心配になります。

    今から11年前、私の家も浸水被害に遭いました。
    台風の接近で、どしゃ降りの中、風も吹き始めていたのですが、
    下の娘を保育所に迎えに行ってから、又仕事に出かけていると、
    突然、携帯に小学生の娘から電話が・・・
    「もしもし、お父さん、お家の玄関からお水が入って来た!」
    「はっ?・・・・」
    「電気も消えて、真っ暗になった!」
    「えっ?・・・・」

    出先だったのですが、慌てて家に帰るために外に出ると、
    思ったより風が強くなっていて、何処かの看板が落ちてきていた。
    車を運転して家の近くまで来ると、橋を渡らなければいけないのに、
    消防車が何台も止まり、決壊の恐れがあるので渡らせないと言う。
    すぐ目の前に家が見えるので、渡らせてくれと言っても、
    ここは、我々が封鎖した。と言う。
    しかたが無いので、もう一つ上流の橋へ行ったが、
    そこにも、消防車が止まり、追い返されたので、
    さらに、上流の橋へ行くと、そこは比較的大きなアーチ橋で、
    何とか渡れたのですが、交差点では冠水が凄く、
    車をその近くの公園に置いて、徒歩で自宅へ向かいました。

    雨も少し小降りになり、風も弱まり出していたけれど、
    家が近づくにつれ、水かさは増し、
    膝上まで水に浸かりながら、ようやく家にたどり着くと、
    家の前には、誰かが放置していった軽自動車が浮かんでいた。
    真っ暗な家は玄関が開きっ放しになっていて、入って見ると、
    2階へ上がる階段の途中に、ばあさんと子ども二人が、
    懐中電灯を持って、肩を寄せ合いながら座っていた。
    無事を確かめると、「少し、水が引いていった。」と言う。
    壁に水位がここまであったという後が残っていたので、
    確かに、引き始めているのだろう。

    そうと分かれば、さっそくいつも渓流釣りに愛用している
    チェスト・ウエダー(胴長靴)と、これまた愛用の釣りベストに着替え、
    懐中電灯を持って、近所を視察しに出かけた。
    つい最近まで、私もやっていた共同の家庭菜園は完全に水没し、
    用水と道路との境も、区別のつかない状態だった。
    眺めていると、向こうから、懐中電灯を持った人が歩いて来た。
    見ると、私と同じような格好をしている。
    何回か一緒に釣りに行ったことのある近所のおじさんで、
    (この格好をすると、何故か水に入りたくなるのです。)
    家にあるゴム・ボートを出そうかとか
    (お互いチョット、ワクワクしながら)喋っているうちに、
    辺りの電気が点き始め、水かさが急に落ちてきた。
    粘土質の土石流とは違い、
    雨水が中心だったため水の引くのも早かったようです。
    決壊の心配も無くなったようなので、
    近所の人達が集まりはじめ、被害状況を喋り出した。
    半分放し飼いで、よく人を襲うと評判の近所の飼い犬は、
    犬小屋が水没したので、小さな物置の屋根に避難したまま、
    水が引いたので下りられなくなっていると、
    被害にあったことのある、じいちゃんがうれしそうに話していた。

    家に戻ると、浮いていた車が着地しており、
    照明の戻った玄関では、水に洗われたせいか、
    変に、コザッパリとしていた。すると娘が
    「玄関の靴、お父さんのも全部、プカプカと流れて出ていった。」と言う。
    「ひぇ〜〜え!」
    なるほど、それで妙にサッパリとしていたのね。・・・納得!

    翌朝は台風一過で晴天に恵まれ、休日だったのが幸いでした。
    朝早くに、役所から大量の石灰が届き、
    町会役員だったため、浸水した家を一軒づつ消毒して回りました。
    小さなコンプレッサーを持っている人がいたので、
    それを借りて床下からの吹きつけです。
    畳をあげて、床板をまくったり、
    濡れた家財道具を外に出して並べたりと、
    昔の町内一斉大掃除はこんな感じでしたね。

    町会に臨時の「水害ゴミ出し場」も設置され、
    ようやく、自分の家の後片づけにも取りかかり、
    水に浸かったタタミや使えなくなったものを、
    捨てに行ったのは、夕方になってからでした。

    追伸、
    軽自動車は、夜中にレッカー車が引き取りに来ました。
    家の奥さんは、真夜中に何事もなかった如く帰って来て驚いていました。

    近年ゲリラ豪雨が多発し、金沢市洪水避難地図によると、
    我が家は一階の軒下まで水に浸かり、我が町会はすべて水没するとのこと。
    町会でも、ゴム・ボートの1隻や2隻は、常備する時代と言えるでしょう。
    「ウォーター・ワールド」の世界です。


    | 都市伝説 | 17:14 | comments(4) | trackbacks(0) |
    コメント
    今まで 洪水被害にあったことのない僕は 
    幸せです(^^)

    地震のときも 石川県不在でした

    あの時は 知り合い全員に電話しまくりました
    (。。;)

     
    | LEE | 2009/06/29 8:39 PM |
    大変でしたね
    洪水避難地図によると我が家は「ひざまで浸かる程度」
    大きな水害には遭ったことがありません
    (ちなみに我が校下では犀川でも伏見川でも決壊すると
     ほぼ全滅に近い状況に洪水避難地図ではなっています)
    3年前金沢市で初めて避難準備情報というものが出されました
    川が決壊する恐れがあるので川には近づかずお年寄りなどは早めに避難を始めてくださいという合図です
    当時sinomaは示野橋の直下で犀川の水位の監視にあたっていました
    初めての避難準備情報ということでテレビや新聞記者、フリーカメラマンが川の中まで入り込み 付近の住民で大にぎわいでした
    …ここにこんなに人が集まることは金輪際あり得ない程でした
    …やはり大人になっても水遊び火遊びは心躍るものがあるのか!

    深夜1時 携帯が鳴る
    「避難しろって言ってるけどどうすればいい?」娘からの電話です
    たくさんの野次馬に飽き飽きしていた私の一言は「必要ない!さっさと寝なさい!」でした
    危機意識の欠如の最たるものです
    …反省_(._.)_
    | sinoma | 2009/06/30 8:42 AM |
    今夜、3町会の班長あつめて「防災図上訓練」っうのが公民館ありますた。地区の消防団が制服着て説明してますた。

     どうしても変です。

     「公助」は公共機関なので、限界があって、我々は地域の隅々まで災害時は手が回らない。

     「自助」は自分の身を守ることで減災につながる防災力を高める。

     「共助」は自分だけではなく、他者のことも考えてお互いを気遣う地域の力をいうのだそうです。

     なんだか変な理屈ですね〜。

     「公的機関と民間の力が、お互いの持つ力を補い合いあえば減災になるつながるので、共に震災に備えて訓練しましょう!!」

     ということなんでしょうけど。。。。

     言い方が、「これだけ地元でやっておけば、我々の力は発揮できるんじゃ〜!!」ってことじゃん!!

    今度、上のお役人さんに相談するけど、やっぱ、なんか、消防団って勘違いしてなぃぃぃ〜!!
    | aokai | 2009/07/02 11:09 PM |
    _(._.)_申し訳ありません
    防災減災に関しては「官民協働」という言葉はあてはまりません
    消防署の職員がそういう意味合いの説明をしたのであれば間違いです

    震災時に公ができることといえば ‐霾鵑猟鷆 ´∧資の提供 B腟模な救助や消火 くらいでしょうか
    しかも個に対しては何もしないので 自助・共助でなんとかしてってことになります

    医師会・農協・建設業界・消防団等々いろいろな民間団体も協力してくれることになっていますが それも個々人に支援することはできません

    地域の拠点には支援はあるのでなんとか自助・共助で乗り切ってください

    ※なおこれは 薄識の私め一個人の意見ですのでご了承ください
    | sinoma | 2009/07/03 8:37 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://sasa.kosodateo.com/trackback/1196306
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE