Sasa

成人式
0

    家の子ども(上の姉ちゃん)が成人式に出席するために
    帰ってきて、又慌ただしく帰って行きました。
    帰った後に、手紙というか、メッセージカードが残されていて
    「お父さん、お母さんのお陰で、無事に成人式を迎えられました。
    ありがとう。」と書いてありました。

    高校を卒業した時も、メッセージカードがあって、それには
    「お母さん。働きながら、私を高校に行かせてくれてありがとう。
    今日、卒業しました・・・。」というようなことが書いてあったけど、
    どこにも、お父さんのことは書かれていなかった。
    家の奥さんに「他には無いの?」と聞くと「無い!」
    「お父さんの「と」の字も書いてないよ。」「さあ〜?」という具合でした。

    娘が高校受験の時、選願(試験無し)で高校へ行くというので、
    落ちても、受かっても受験はしなさいと言って対立してから、
    あまり口も聞かず、お父さんを避けるようになり、
    何か言っても、反抗しまくられました。(最悪!)
    神戸の大学に行くのも後で奥さんから知らされました。

    その時に、私が口出しをしなくても、この子は自分の人生は
    自分で考え切り開いていける子だと
    つくづく思ったので、
    それ以来、一切口出しはしていないつもりです。
    神戸へ行ってやがて二年になりますが、
    時々、困ったことや頼みごとがあると電話をしてきますが、
    何でも、「分かったよ!」と言ってやってあげている。
    回りの人に「超〜甘いお父さんだ。」とからかわれたりしますが、
    あの口も聞いてくれない最悪だった時期を経験しているので、
    何と言われてもいいのです。

    それで今回のメッセージはとてもうれしかったのです。


    | 子ども | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
    デンデン虫
    0

      この頃は、あまり大きな、デンデン虫を見かけなくなったけど、
      昔は、直径10センチ位のをよく見かけました。
      学校の宿題で、デンデン虫を持って来いというのがあって、
      誰が一番大きいか競ったものだ。

      子どもの頃「絵画教室」に通っていた時に描いた、デンデン虫の絵は、
      あじさいの葉っぱに乗っかり、なぜか、空から降る雨をピンク色に描いて、
      賞を貰って、地元の新聞にも、掲載されたことがあったっけ。

      家の子どもが小さい時の話です。
      庭で、ばあさんと一緒に、デンデン虫を見つけて遊んでいた。
      ツノ(目)を突っついて、引っ込んだり、出てきたり、
      中に、とても変わったデンデン虫を見つけたらしい。
      「この、デンデン虫、お家から出てきている!」
      「あら、不思議!お家をどこかに置いてきたのかね?」と
      近くに、デンデン虫の空家を探したが見つからない。
      わーわーと、「デンデン虫は、家から出たり入ったりする。」と騒いでいた。
      子どもは、家の中に向って「じいちゃん、じいちゃん、ちょっと来て!」と
      今は亡き、我が家のじいさんを呼んだ。
      家の中から様子を見に出てきた、じいさんに向って
      自慢げに指で指して言ったのだ。
      「ほら、このデンデン虫、変わっている、お家から外に出てるよ!」

      じいさんはそれを、慌てず騒がず、じ〜っと見て、一言、言った。
      「そりゃ・・・ナメクジじゃ!」

      「・・・・・!?」
      皆、無言になったらしい。

      | 子ども | 12:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
      七夕祭り
      0

        もう最近は、家で笹を立てて、飾りつけをすることも無くなったけど、
        子どもが、小さい時は、軒先に笹を立てていました。
        こういう行事って、保育所で習ってきて、家に持込むんですよね。
        年間を通じて、季節感があふれていました。
        いわゆる節句ですね。

        七夕の日は、子どもが張り切って、折り紙や、家にあるお飾りを
        2〜3日前から飾り始め、最後に短冊に願い事を書いてぶら下げる。
        仕事が終って、家に帰ると、笹の葉にお飾りや短冊が付けられていて、
        その短冊を読んで、家に入るのが楽しみでした。
        小さいうちは、可愛いかったものです。
        「とっとこハム太郎になりたい。」とか
        「桃太郎さんに会いたい。」とか

        ところが、小学校に入ったとたんに短冊の願い事が変わった。
        「お空から、百万円が降ってきますように。」と
        書いてあったのには、正直驚いた。
        これは、成長には違いないが、健やかな成長といえるのだろうか?
        しかし、子どもは、親が思うより、はるかに早く、
        頼もしく(?)成長するものだ。
        翌年の七夕には、順調に成長したのだろう
        「お空から三百万円が降ってきますように。」と書いてあった。

        | 子ども | 17:41 | comments(5) | trackbacks(0) |
        血祭り
        0

          子どもが小さい頃、「サ・シ・ス・セ・ソ」がうまく言えず、
          「チャ・チ・チュ・チェ・チョ」になっていた。
          絵本でシマウマの絵を見ると、「チマウマ」と発音する。
          それが、楽しくて、これは何?「ライオン。」
          これは何?「チマウマ。」これは?「ゾウさん。」
          これは何?「チマウマ。」と
          何回も「チマウマ」を言わせて楽しんでいたものです。

          ある日、保育園でのお遊戯会。
          今年は何に出るのと尋ねたら、「スペインの血祭り!」と返事。
          それは、いったいどんな出し物だ?
          保育園児にしては、過激だ!
          当然、はりぼてでも薙刀風の刃物か、バットでも振り回すのか?
          首の一や二つも飛ぶのかな?わくわく。
          「出て何をやるの?」「踊るの。」
          フーム、踊りながら刃物を振り回すのか、わくわく。
          大体の出演時間を奥さんから聞いていたので
          当日その時間に、興味津々で見に行きました。

          いよいよ出番、遠くから見ていたので、誰がどこの子か判らなかったけど
          なにやら、赤いきれを付けた棒を持って、チビ達が踊っている。
          楽しそうに、あっちいたり、こっちいったり、血しぶきは無し。はて?
          入口で貰ったプログラムを見て、あの「チマウマ」を思い出しました。
          そこには「スペインの火祭り」と書いてあったのです。

          | 子ども | 15:38 | comments(7) | trackbacks(0) |
          お雛様
          0

            久しぶりに、雛人形を飾りました。
            長女が生まれ、初節句のお祝いに買ったものです。
            子どもが小さい頃は、七段飾り、お雛様お二人だけと毎年交互に、出していましたが、
            いつのまにか、出さなくなっていました。
            片付けるのが超大変という理由で、
            家族から、雛祭りがすんだらすぐ片付けないと
            お嫁に行くのが遅れるとか、さんざん言われながらやっと片付けるという具合でした。

            今年は、絶対に飾ると宣言したら、
            「何十年も出してないから、箱の中にいないのでは。」
            「そういえば、去年の3月の夜、女の人の泣き声を聞いた。」
            あげくの果てには、
            「この間、学校からお家に帰ってきたら、玄関がガラッと開いて、
            着物を着た女の人と男の人が手をつないで、家から出て行った。」とか・・・

            何とでも言ってくれ!とにかく今年は七段飾った。

            | 子ども | 10:15 | comments(13) | trackbacks(0) |
            CALENDAR
            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << July 2019 >>
            SELECTED ENTRIES
            CATEGORIES
            ARCHIVES
            RECENT COMMENT
            モバイル
            qrcode
            LINKS
            PROFILE